,
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  top▲
until I found the way
しょいしょい。
最近は基本昼暑くて、夜冷える感じですかね。
本当に夏の終わりを感じますね。寂しいです。


しかし今NYCに俺の母親と妹が来ているんで、その寂しさをかなり紛らわせてもらってます。
*母親&妹。
IMG_1916_convert_20080824155059.jpg
彼女達とは約三年弱会ってなかったんですけどね。
家族だからかまったく久しぶりの感じがしませんでした。
つい最近まで一緒にいた様な空気感でした。彼女達もそのように感じていたと思います。
まー当たり前か。

もう明日の朝一番で帰国しちゃうんで、この土日は朝から晩までNYCを駆け回りました。
俺でも相当疲れたから、2人はもっと疲れたことでしょう。
でも俺の大好きなNYを、俺の住んでいるNYって刺激のある特別な街を知ってもらうには時間が無さ過ぎましたが、それでも限りある時間の中で結構色んなとこを廻れました。
*grand central
IMG_1919_convert_20080824155840.jpg
*brooklyn bridge
IMG_1930_convert_20080825132330.jpg
*statue of liberty
IMG_1939_convert_20080825132418.jpg
ほかにも色んなところに行ったのですが、馬鹿な事に日曜日の今日はデジカメを持っていくの忘れてしまい、全く写真が撮れませんでした。あーホント馬鹿だー。残念。


2人とは昔はしなかった様な話も出来たし、俺が何をしようと常に応援してくれているんで本当にありがたいですね。
まずは自分を信じて、色んなことを発信していこうと思います。
応援してくれてる人に恥じない様に。
とりあえず2人とも元気そうでなによりでした。
忙しいだろうけど、身体にだけは気をつけて欲しいですね。
遠いとこ遥々わざわざありがとう。とりあえず自分に納得の行く様にしっかり準備するんで、この馬鹿野郎をもう少し暖かく見守っていてください。
*3人で。
IMG_1932_convert_20080825132752.jpg


そんな感じですね。
この夏のバスケの事についてはまた明日にでも綴ります。
ではではまた明日ー。

Life CM(5) TB(0) top▲
Reunion
来々。
いやー良い感じの気候になってきますたよ、NYC。
そんな過ごし易い時期に運良くlegend of chicoのあっちゃんが昨日にNY入りしましたー。
日本からこっちに来て、日本の楽しいお土産話をいっぱいされました。
あー俺もお金さえあれば日本にちょい帰りたいわー。

そんな彼とクリと今日もGYMで練習してたら速攻であっちゃんが怪我しますた。
大きくないといいけど…。


そして今日、自分の母親と妹がNYに来襲しました。
かなり久しぶりに会いましたね。
まー元気そうで良かったですよ、2人とも。
夕方過ぎにこっちに来たので、ちょっとだけ街を徘徊して軽食取った感じです。
2人とも時差ぼけにやられちゃっていてかなりぐったりでした。
2人とも仕事もあるんで少ししか滞在できないので、NYを少しでも堪能できるように、楽しかったと思えるようにしてあげたいですね。
限りある時間なんでね、難しいんですけどね。
*まいまみーと。
IMG_1907_convert_20080821133721.jpg
明日はtourでナイアガラの滝を観に行くみたいなんで、1日それに取られちゃうのが痛いんですけどね。


そして話は変わって今週の金曜日にSOHOに開店しちゃいます。
*Nike Sportswear flagship store.
RTEmagicC_nike-sportswear-store-21-mercer-nyc-1.jpg
まーどんなんか分からんし、そこまで期待してないんですけどね。
開店初日にはちょっと見にいきたい感じですね。


あとはこれヤバくないっすか?
*Hummer HX。
x07cc_hm001_convert_20080821140353.jpg
x08cc_hm002_convert_20080821140428.jpg
x08cc_hm005_convert_20080821140449.jpg
車なんて走ればいいって考えの俺なんですけどね。
これはねー、ズルですね。まだ発売するか決まってないみたいなんですけどね。
ホントねーこれ所持してたら自分に酔えますね。これに乗っただけで何故か120%くらいカッコ良くなれる気がしますね。


そんな感じですかね。
今週も忙しくなりそうですね。
親孝行してあげたいし。
んでは眠いのでこの辺でー。


Life CM(10) TB(0) top▲
I'm livin' now.
ういーっす。
いやーかなり蒸しますねー。喉が渇いてしょーがないですよ。
それですぐ水分取るからトイレが止まりません。


今日はドラマRookiesの最終回を観ました。
マジで最高でしたね。5回泣きました。
青春っていいなー。

自分も中高の時の部活してるころを思い出しましたね。
懐かしいわー。
俺もこのドラマに負けないくらい今までとっても良い仲間に恵まれてきました。
俺はホントに出会いに恵まれていると思いますね。

そして川藤先生の彼ら高校生に贈っているはずの言葉には毎回今の自分にも考えさせられます。

負けることは、甲子園を目指せなくなるということはあいつらにとって死ぬことも同然なんです。
みんなで同じ目標に向かって努力して苦しみ喜びは、それは多分あいつらが生まれて初めて口にした全うな夢。
生まれて初めて味わう生きているって感覚なんです。
この先の長い人生でどんなに素晴らしいことが待っていようが関係ないんです。
あいつらは今を生きてるんです。
どうかほんの少し力を貸してやって下さい。
今を生きる為に。



高校の時はバスケの練習ばっかしして大好きなバスケがどんどん嫌いになっていって、だから引退したらもうバスケは辞めようって思っていて、だから引退するまでは精一杯頑張ろうって現役の時はずっと思っていました。キャプテンの荷が自分には重かったのもあったと思います。
そして最後の大会で負けて引退して、予定通りバスケをすることを辞めました。
その後、親のお金で大学に行って、ちゃらちゃらして遊ぶのが一番楽しいと錯覚してたのか思い込んでいたのかは良く覚えていません。
覚えているのはただ日々何の目標も無くふわふわしていたことだけ。
でもバスケを辞めて、ちょうど一年ちょっと経った頃に鹿田先輩というとっても仲の良い人に横濱Team-Sの試合に助っ人で呼ばれて…久しぶりのバスケだったり試合の感覚だったりが楽しくてすぐにまたバスケ始めました。
※Team-Sのみんな。
y1pyDbITtBLe96uGmEbbFpZnLhjcLXRBF68mZTNsMLxxZkNdHeJZxi-DQ.jpg
俺はTeam-Sで色んなことをまた学んで、良い仲間に囲まれて育ってきました。
そして自分自身を試したくて今NYCにいます。

俺のバスケ人生で今という時はとっても大切です。
今までも勿論なくてはならない時間だったけれど、今この時の為に中学の頃からバスケをしてきたんだなと感じています。
実際中学生の時はNBAしか知らなかったけど、今の俺にとってwest 4th stだったりkingdomeだったりはNBAみたいなとても貴重で大切な場所です。
だからホントにこの夏は怪我をしたくない思いが強いですね。
最後までちゃんとコートに立てるように。
「今を生きる為に」ですね。はは。


あとこの言葉も感動しました。

お前たちが自信と勇気を持って道を切り開いた結果だ。
臆病で躊躇いがちな人間にとっては[一切]が不可能だ。
なぜなら[一切]が不可能なように見えてしまうからだ。
あきらめて振ったバットには絶対にボールは当たってくれない。
だが自信を持って振れば、目を瞑ってだって当たることもある。
お前たちが努力して手に入れた最大の宝は、可能性だ。


最終回のこの言葉はかなりずっしりきますね。
やっぱり自信持ってシュートしてる時やプレイしてる時は良い結果だったり手応えだったり、道が開けますもんね。
躊躇してたり、自分に自信が無いときはホントに一切なんにも生まれません。
その自信だったり、戦う勇気だったりするものを手に入れるのはやっぱり日々の努力から得られるものだと思うんでね。
努力して勇気と自信さえ手に入れられれば成功する可能性が出てくるんで、後は自分がやるだけですからね。まー日々自分が思っていることなんですけどね。
でも、この言葉に巡り合えて良かったです。
なんか自分の背中を押してもらった感じですかね。
※west 4th stのtime outの時。
west02_convert_20080729130718.jpg

限られた大切な今という時を後悔という文字で一生残したくない気持ちがRookiesを観て今日はかなり高ぶりましたね。
精一杯、一生懸命やって、それで感じたり得たりしたことを大事にしたいと思います。
まずは勇気と自信を持つことです!
道は自分で作るもんですからね。

そんな感じです。
最後はRookiesのテーマでお別れです。

ありがとう、川藤先生&森田まさのりさん。
そいではー。

Life CM(4) TB(0) top▲
legend of chico
どもどもー。
いやー毎日まいにち暑いですね。湘南の風じゃないけど、最低だけど最高な感じです。
夜に家にいるときは最低なんですけどね。昼にstreet ballin'の時は最高です。


そんな最高の天気の中、先日Bobbitoのclinicにクリとあっちゃんと行きました。
※after clinicに子供と1on1してあげてるBob aka kool bob love.

nyc61008_005_convert_20080615044914.jpg

外の悪状況でdribbleはやっぱし難しいですね。
石ころ1つ落ちてるだけで、ボールがどこ飛んでいくか分かりません。
※kuri,roman,bob,acchan,jeff,and me.
nyc61008_009_convert_20080615045121.jpg



そしてこのBobbitoの練習を最後にあっちゃんがNYCから飛び立って行きました。
gymで解約手続きをしてるときにSeanに偶然会って、2人が話してるのを聞きながらちょっと感動しましたね。
あっちゃんが明日から新たな場所で挑戦してくる事をSeanに告げて、最初は「頑張れよ、兄弟!」みたいな感じだったんですけど、あっちゃんがまたすぐに戻ってくるからまたすぐに会えるよ的な事を告げると「すぐに戻ってくるな。今度戻ってくるときはそこのユニフォームを着てそこのタオルとかグッツを持って良い経験をして帰って来い。」って言ってて、それはやっぱし心に届く言葉だなって思いましたね。
あっちゃんも嬉しかったことでしょー。
※Sean。
nyc61008_003_convert_20080615044807.jpg

RomanやBobbitoや色んな人たちに応援してもらってそれは少しプレッシャーかもしれないけれど心強い事だと思いますね。
俺にも「good newsを報告できるように100%で頑張ってくる。」とmailをくれたんで、身体と反比例してハートがでかい彼ならやってくれるでしょー。
nyc61008_002_convert_20080615045408.jpg


で、いきなり予定変更して明日の日曜日のお昼にいきなりGunHillの緒戦になりました。
そんな感じですかね。
頑張ってこよー。
とりあえず無事にplaygroundに辿り着けますように。
じゃーまた。

Life CM(7) TB(0) top▲
gun crime
夢を見た。
とても怖い夢。
普段夢はあんまり見ない。
けど今日は見て怖くて起きた。

昨日、ってゆうか今朝俺の知り合いってゆーのか友達ってゆーのか微妙な関係なんだけど、絶対に週に2回は会うヤツがいきなり撃たれた。
そいつは撃たれた後にヨロヨロしながら近づいてきて俺のもうホントすぐ横で倒れた。
まるで映画の様だった。
銃声は2発しか聞こえなかった。でも実際は3発だったらしい。
彼は倒れこんで呻き声をずっと出していた。

俺はすぐにその状況を把握できた。
パニックにならなかった。いやパニックになってはいけない状況だった。

丁度その2時間ぐらい前に自分達がいた近くで全く関係ない大人1人と関係ない子供1人が小競り合いをしたらしい。
俺は見ていない。話を聞いただけ。
その後にその子供が「覚えとけよ!」といってその場を去り、何十分か後に友達数人を連れて戻ってきてさっき揉めた大人と喧嘩を始めた。
数で勝るので子供達の方が有利だったはず。俺はこの時も見ていない。
そこで撃たれた俺の知り合いがその争いを止めに入った。
それでその場は収まった。

それで全て終わったと思っていた。


その後、どのくらい時間が立ったかは覚えてないがさっきの銃声が鳴った。
なんかの破片が俺のおでこに当たったのを感じた。物凄く小さい何か。
ガラスだった。
俺がいた室内のでかいガラス窓に銃弾の後が残ってた。

その瞬間、俺の知り合いがヨロヨロして室内に入ってきて倒れこんだ。

すぐにさっきの子供達が仕返しにきたと把握できた。
警察と救急車を呼び、彼らがすぐに来た。
俺は物凄く怖かったけれど何故か冷静だった。

彼は何とか命は取り留めたらしい。
病院にいったやつからの電話報告。
しかし当たり前のごとくそのまま入院。

俺は撃たれた彼と撃たれた場所で、撃たれる5分前に一緒に話しをしていた。
もし子供達が5分早く現れていたら・・・?とか色々考えてしまう。
何が起こるか分からない・・。
今日一日生きていることも運なのかもしれない。

自分の住んでいる近所は色んな犯罪や事件が多い。
この前は良く行くスーパーマーケットでカップルが小競り合いして刃物で刺すという事件が起こった。
その他、銃殺事件など少なくない。

先日友達のまっちゃんが「人生一度きりで何が起こるかわかんないし、明日プレイできない体になるならやったほうがいい!だからもっかい頑張るとです!」とmailをくれた。
まさにその通りだと思った。
俺にはやりたいこととか伝えたいこととかもっともっとやり残したことが沢山ある。
1日1日を大事にとにかく生きること。
生きてさえいれば可能性は無限大。


アメリカでの生活は華々しく思う人もいるかもしれないけれど、こういう影が沢山ある。しかも物凄く身近に。
だからそれだけは頭の片隅に置いといて欲しいですね。
nyc050308 001

とにかく知り合いの彼が早く良くなってくれることを祈ります。
そしてその銃を撃った子供達が捕まってくれることも。

今回は彼が身を持って再確認させてくれましたね。
常に用心深く用心深く。
親に貰った大切な身体なんでね。生きて元気に帰ることも親孝行のひとつかと。

そんな感じですかね。
皆さんも色々気を付けて。
そいじゃーまた。

Life CM(6) TB(0) top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。