,
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  top▲
Hospitalization
目が覚めた。
そこには見慣れない天井。(なんか某有名アニメみたいな)
腕には点滴が付けられている。
肩には大きな痣。頭痛が激しい。
何故にここにいるのかの記憶が全く無い。
隣のベッドにはかなり柄の悪い黒人がいて、横たわっている自分を凝視していた。


俺は「はっ。」として一生懸命に昨日何があったかを思い出そうとするけど全く思い出せない。
その時に白い服を着た男の人が入って来て、その姿を見てすぐに自分が病院にいることが理解出来た。
「I need talk to somebody to speak Japanese. So I need phone. Do you know where is it?」と彼に訪ねたが全く相手にされない。…というかおかしい人とか子供と話して「はいはい。」って子供をあやす様な感じで物凄く馬鹿にされた感じであしらわれた。
俺の横には大きい窓があって物凄くキレイな景色が広がっていた。
俺はずっと一晩その景色を見ながら横になった。
気が付いたら寝てしまっていて、隣の黒人が看護婦に色んな要望をして大声を出している。その声の大きさで起きた。時刻は10時。

とりあえず誰かと話さなきゃ何にも解決しないと思って、そわそわしているところにダイスケが来た。
そこで一部始終を聞いて、何故に自分がここにいるのかを理解出来た。



日曜日のSBLの試合中にチャージングを取ろうと試みて倒れて後頭部を強く打ち気絶したとのことです。
その後も自分はずっと立ったり話したりしようと試みたらしいが、身体がずっと震えていたり、嘔吐したりでBobbitoや彼の彼女のKimiちゃん始めbounce magのteammateには物凄い迷惑をかけてしまいました。
結局BobとKimiが救急車で病院に一緒に連れて来てくれて病院にいたみたいですね。
BobがIdahoにいるクリに電話して、クリが色んな人達に電話してくれて飯野さんやタイスケ、ダイスケが病院へ駆けつけてくれたよう。
俺は5人に向かって同じ質問を30回以上話していたみたいで、自分で聞いただけでも笑っちゃうけど「その場にいた人達はもっと面白かっただろーな。」と思います。
まーそんな記憶は俺には全く無いのですが…。
クリも大事な時期なのに迷惑かけてしまいました。

unfortunately、俺は今でも日曜日の記憶が全くありません。
それは試合したことやその会場に行ったことも、その日の朝のことすらも…日曜日まるごと覚えてません。
これは今になっても自分でも結構怖いけど、でも今こうして生きてるからそこまで欲張ってはいけないなと感じています。

病院側は明日の朝までここにいた方が良いと言ったのですが、色々不安なことがあったし、自分の意識はハッキリしているという自覚があったので家に帰ってきました。
RoommateのDaisukeとMao君が車で来てくれて本当に助かりました。
ほんとみんながあっての自分で、みんなに生かされていると思いました。
Ohioにちょうど出張中だったお父さん的なSeanはずっとメールをくれていてNYに戻ったら、すぐに病院に行くからと言ってくれてました。
家に帰って来てすぐに色んな方に電話して、Seanにかけて彼と話した時はもう泣きそうでしたね。
人の温かさに触れて、目頭が熱くなりました。
一晩、ダイスケ、タイスケとトライアウトから帰って来たばかりのクリも俺の家に泊まってくれて本当に感謝です。
PCを開けたらNYのバスケ友人達からメールが30個ぐらい着てて、全部俺の安否を気遣うものでした。

これからどんな恩返しが出来るか分からないけれど、俺はみんなが困ったら絶対に助けるしなんでもしてあげたい気持ちですね。
show03.jpg
I'm home!
I still have headache a lil bit. Unfortunately I don't remember everything about this Sunday. But I'm pretty well right now. Don't worry about me no more.
I got a lot of powers from all of you.
I love you guys so much. I can't live without you guys.
I was crying when I read all masseges from everybody.
Absolutely I will fly to help you when you guys need some helps.
I'm gonna talk to you and play ball together soon.
Again thank you so much. I love you.

much love.

bang lee


とりあえずはしばらく休養して、オフェンスチャージは取りにいかない様に気を付けます(笑)いや、素で。

では家でここちょいと安静にするんで毎日blog更新しまーす。
I'm out!
Sayonara-.
スポンサーサイト

Life CM(4) TB(0) top▲
recently
うんにゃ。
寒い日々が続いています。
そして私的な用事が忙しくて忙しくて疲れがMAXです。その為、あんましバスケが出来ていないです。
日本に一時帰国しているダイスケが早く帰って来ないと気が狂ってしまいそうです。


そんな今日にまた1人NYCから大切な仲間が去りました。
*写真右のあっちゃん。
DSC_0206_convert_20081001164941.jpg
彼は人一倍他人に厳しく、自分にも厳しいです。
バスケに対する考え方は感心しますね。意識が高いです。
そんな彼も次の挑戦場を無事に見付けることが出来たので、新たな地へと旅立ちました。
自分の事の様に嬉しいですね。
捻ってしまった足首の具合が多少心配だけれど、身体と反比例して気持ちのでかい彼ならばやってくれるでしょう。

彼は通っていた大学でも膝の怪我をやってしまい思う様にいかず、誰よりも試合に飢えていて、試合を愛しているんだと俺は感じます。
そんな彼の日常はここからちぇき。
Love for the Game...........
gameに貪欲なんです。
その思いをどかんとコートの上で体現して欲しいですね。
あっちゃんよ、いつでも応援してるぜ。かましてきてくださいよ。



そすて、去年数々の夏の大会を共に戦ったKenji•Rakuda•williamsがbj leagueの福岡ライジングサンと契約しますたー。パチパチー。
*ケンジと去年のkingdome summer classicにて。
IMG_8124.jpg
まーその前の冬に3ヶ月弱、俺の家に居候し続けた幹也も福岡と契約したみたいですけど。

とりあえずケンジには得意の言い訳は出さずに頑張って欲しいですね。
やっぱしなんだかんだ嬉しいんですけどね。大きい怪我だけしない様に気を付けて、米の大学バスケを投げてまでプロの道を選んだのだから、もう迷わずに真っ直ぐ驀進して欲しいです。
頑張れよー。

後は栗原 aka golden childがやってくれれば最高ですね。
彼はいつでも何かを狙っているので、あっちゃんやケンジよりは心配してないんですけどね。まーとりあえずなんとかなるでしょー。



そんなみんなを横見に俺はというと…。


抜け殻ですね。
夏をずっとずっと待っていて、やっと来た夏の時を蝉の様に鳴いて鳴いて飛び回って、そして夏が終わって、しばらく経ったけどまだ放心状態って感じですかね。
この自分の眼というフィルムに焼き付けた夏の光景を、目蓋を閉じればまだ鮮明に見ることが出来るので気が付くといつも思い出してます。

まーしかし次にやりたいことも少しずつですが見えてきたんで、それを日々ちょっとずつ進めていってる感じですね。はやく形にしないと。
そして今日は夜にまたteam bounce magazineとしてSBLの試合もあるんで、自分に喝を入れてしっかりやらなきゃですな。


そんな感じですか。
あー身体がものーすごいだるい。
んじゃまた。

Life CM(3) TB(0) top▲
Whoopi Goldberg
Que pasa!
調子はどうですか?
NYCはあんまし良くない天気がまだ続いています。


そんな今日はGymもお休みだったんで、あっちゃんと家でゆっくり過ごしました。
俺はひたすら音楽を落としてました。新しく買ったJBLのスピーカーが好調なんで嬉しいです。
そして夕方に買い物がてら近くのpark来たら、またもやChrisって大体いつも一緒のteamで試合出るヤツと会いました。横須賀に兵隊として半年間くらい言っていたことがある彼は筋肉ムキムキマンです。
*この前まで工事中だった公園にて。

そして軽くシュートして、晩飯の買い出しに行きました。
そしたらあっちゃんがいきなり興奮して、「Whoopi Goldbergだよ、今の!」ってすれ違った黒人のおばちゃんを見て言いました。
プライベートだし気を使ってあげたかったんだけど、欲が勝てなくて「握手してください。」って言いに戻ってしまいました。
快く「nice to meet you.」って握手してくれて、一気にテンションがあがりましたね。
とりあえず彼女と言ったらこれですよ。
*『天使にラブソングを。』

もう結構歳をとっていたけれど、こんな感じの可愛らしい雰囲気のある人でした。


そんなこんなでいい気分になりながら家に帰って、飯作って食って、用事があって出かけました。
そしたらお留守番中のあっちゃんからまた嫌なメールが届きました。
彼がいたみたいです。
banksy-three-story-piece-soho-2.jpg
マジねー、もういい加減去ってください俺の家から。
っていうか、あっちゃんが連れてきているとしか考えられないくらいにあっちゃんが家で1人の時に出るんですよねー。あっちゃんよー、しっかり留守番頼むぜー。
そんな感じでまたもや夜が不安で不安で、安息が約束されない日々が始まりそうです。
最悪やー。
あしたにでもまた罠を買わなきゃだー。
そして近々タイスケ aka mouse killer招集しないと。
やることいっぱいですな。

んでは忙しいのでこの辺でー。
ばいなら。

Life CM(3) TB(0) top▲
ground zero
ほいほい。
NYCはめっきり涼しくなってしまいましたね。長袖持って行かないと少し肌寒いくらいです。

そんな今日,アメリカは9.11でした。
めっきり今日だということを忘れていて、慌てて夜に1人でground zeroに行ってきました。
DSC_0035_convert_20080912184558.jpg
別に被害者の誰かが知り合いとかではないんですけど、去年、一昨年と2年連続で訪れているんで折角NYにいるんだしと何故か無償に見に行きたくなりました。
行けば行ったで何か感じ取れることが毎年あるんですよね。
夜だからか着いたら人が全くいませんでした。貸し切り状態でしたー。
でも夜じゃないみたいに辺りが物凄く明るいんです。
2本の光がWTC(ワールドトレードセンター)の様に空高く走っていてとても綺麗でした。
DSC_0037_convert_20080912184832.jpg
ここで亡くなった方達の魂が真っ直ぐに、7年経った今はなんの迷いもなく上っている様ですね。
もう恨みとかそういうことではなくて彼らが犠牲になってまで後世に伝え続けていかなきゃいけない戦争や殺戮の無意味さを今を生きている自分たちは理解していかないといけません。
まー戦争が起こる事には当たり前ですがそれなりの裏付けがあるんでしょうけど、その上の人達が勝手に判断した戦争に巻き込まれて殺したり殺されたりする無意味さを世界のリーダーであるアメリカ人がまず最初に理解しなくてはいけないと思います。
DSC_0036_convert_20080912184756.jpg
もう人間も日本とかアメリカとか国レベルではなくて地球の仲間として一つになって同じ星の住人として宇宙の数ある星たちと『いきつづける』っていう競争をして欲しいですね。

そんな上記の様な訳の分からない事を今回は考えさせられました。
因に一年前はこんなこと思ってました。
一年前

とりあえず人は失敗から多くを学んでゆくんです。
過ぎてしまった事はしょーがない。
二度と起きない様に反省する。
人生もバスケも一緒ですね。
同じTurnoversをしないこと。
同じミスをしてたら馬鹿ですからね。
馬鹿にならない様に気を付けなきゃ。意識が大事。
それが一番大事。

じゃ、また。

Life CM(5) TB(0) top▲
I'll come for you after the sun sets.
へーい。
今日は朝一でダイスケが帰国してしまったので、一日家の掃除をしました。
その後、夕方過ぎにgymに行って軽く筋トレとシューティングしました。
そこでこれまたもう少しで日本に永久に帰ってしまうシューヘー君と一緒になったんでご飯を食べに行きました。
*シューヘー君。
DSC_0018_convert_20080909140240.jpg
彼はこの鞄のPANAMってブランドの会社で働いていたグラフィックデザイナーです。
彼も大きな野望を持っています。いつの日かお互い面白い事が一緒に出来たら良いと思いますね。
そんな色々な話をしながらご飯を食べていたんですがいきなり目の前が水だらけに。
DSC_0015_convert_20080909140154.jpg
一瞬なにが起きたか分からなかったですね。
隣で座ってた女の子はびしょ濡れで、シューヘー君も水を浴び、俺の食べていた物は水浸しでした。なんらかの煙かなんかに勝手に反応して自分たちの真上のスプリンクラーが回ったみたいです。
超びっくしでした。けど面白かったわー。
いつもお世話になってる定員のユキちゃんもびしょ濡れでした。
*ユキちゃん。
DSC_0012_convert_20080909140114.jpg




そして帰って来て『タイヨウのうた』ってゆー映画を観賞しました。
タイヨウの光を浴びれないXP(色素性乾皮症)という実在する病気を持つ16歳の少女の物語なんですけどね。

最高ですね。嗚咽でしたー。
出演者のYUIさんや塚本高史くんも等身大の純粋さが伝わってくるし、岸谷五朗さんも巧いしお腹いっぱい胸いっぱいですよ。舞台も横浜や鎌倉だったりして知ってる景色がいっぱい出てきて何故か嬉しかったです。
ホント観た方がいいですよ。

唄も良かった。
出来れば悲しい思いなんてしたくない。でもやってくるでしょ?
その時、笑顔で「Yeah hello my friend!」なんてさ、言えたならいいのに。


こんな強い精神力を持ちたいですね。
そして出来るだけいっぱいいっぱい生き抜くんですよ毎日を。
彼女は最高な人達に囲まれてとても濃い人生を全うしたと思います。

俺は塚本くんの「タイヨウが沈んだら会いにいくよ。」って台詞が一番印象的でしたね。
かっこよすぎです。
とりあえず下からcheck this out。
タイヨウのうた

カッコ良くない優しさに逢えて良かったよ。
lalalalala good-bye days.

そいじゃー。


Life CM(0) TB(0) top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。